『珈琲時間 2020年 11月号』は、秋に過ごしたい”ひみつの庭カフェ テラスカフェ”

今まで買ったことが無かったけど、今回はじめて買った『珈琲時間』

めちゃくちゃ読み入ってしまった。おもしろい。

写真の撮り方もタイプだけど、文章のセンスは超タイプでした。

Contents

『珈琲時間 2020 11月号 Autumn』

【目次】



第一特集:ひみつの庭カフェ、テラスカフェ



第二特集:ホームメイドを楽しむレシピ



第三特集:来たるべき新しいふつうのために

今回のメインは、「ひみつの庭カフェ、テラスカフェ」

東は千葉から西は大阪まで、幅広いエリアのカフェを掲載。

それぞれのカフェがもつストーリー、オープン秘話も一緒に紹介してくれてるので、

実際に行く前に読んだらカフェでのコーヒータイムがさらに楽しくなりそうな予感。

ちょっとショックだったのは、つい最近代官山でカフェを巡ったばかりなのに、
知らないカフェが掲載されていたこと。

しかもめっちゃ素敵。

ひみつのカフェとはよく言ったものだ…。

第二特集には、お家でも作れてコーヒーのお供にもなる「ホームメイドを楽しむレシピ」

カフェでよく見るレシピがけっこう掲載されていました。

今まで作ってみたかったけど、難しそうだし諦めていたものも。

レシピ本を開くと難しそうで一瞬で閉じたことないですか?

この雑誌は見た感じ、作り方もそこまで難しくなさそう。
どれも普通のスーパーで買えるもので作られているから今度作ってみようかな。

そして第三特集は、「来たるべき新しいふつうのために」

正直、ここは一番真剣に読んだとこかなあ。

「新型コロナウイルスでいつもとは違う年を送ることになった世界中の国々、

そんな中でコーヒーやカフェ体験はどうなるのか。」

コーヒーの識者の方たちがそのテーマについて深く語ってくれているので要チェックです。

最後の方には連載コーナーがたくさん。

これは寝る前にベッドでのんびりと読もうかな。1日をいい形で締めくくれそう。

『珈琲時間 2020 11月号 Autumn』

気になった方は、是非コーヒーといっしょに読んでみてください。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる