ビアレッティの定番マキネッタ『MOKA EXPRESS | モカエキスプレス』がすごく良い!レビュー

日本でも定番のイタリア製マキネッタを買いました。

マキネッタは手軽にエスプレッソを抽出できるコーヒー器具。使い方が複雑そうに感じる人は多いと思うけど (僕はそうだった) 、実はとてもシンプル。水とコーヒーの粉をセットして直火にかけるだけで、エスプレッソが湧き出てくる。

中でもビアレッティの『モカエキスプレス』は、使うほどに愛着の湧くデザインと、経年変化も楽しめる使用感にハマって毎週使ってる。価格も良心的で、マキネッタデビューを飾るには最高のアイテムを紹介していこう。

Contents

ビアレッティの定番マキネッタ『MOKA EXPRESS | モカエキスプレス』

今回紹介したい『モカエキスプレス』は、イタリアの老舗 Bialetti (ビアレッティ) 社の定番モデル。発売から約90年間変わらないデザインから、世界的にも大人気のマキネッタだ。エスプレッソの本場イタリアでは、一家に一台あるとか。

サイズ展開は「1cup」「3cup」「6cup」の3つ。今回僕は小さすぎず大きすぎない 3cup をチョイス。価格は記事執筆時点の Amazon だと4,166円 (税込) 。安い!

1cupあたりのコーヒー粉の目安は7.5g。だけど豆の焙煎度によっては溢れるので7gで計算してる。抽出時間は21gで4分ちょっと。ただし火力弱めのカセットコンロを使ったので、自宅の据え置きコンロだともう少し早そう。IHは非対応。

モカエキスプレスのココが良い!

  • 熱くなりにくく、持ちやすいハンドル
  • 液垂れがせず、エスプレッソを注ぎやすい
  • アルミニウムの素材感に愛着が湧く

モカエキスプレスを1ヶ月半ほど使ったので、個人的に気に入ってる点をまとめてみた。

持ち手はナイロン樹脂なので、沸騰した直後でも素手で持てるのが嬉しい。また指で引っ掛けるようにして注げる使い心地も良かった。あと蓋のつまみもナイロン樹脂なので、抽出し終わったかの確認もスムーズだ。

細長い注ぎ口からは、エスプレッソを垂らさずに注げた。ただし少し傾けただけでドバッと出てきたのでやや注意。個体差あふれるアルミニウムの素材感もお気に入りだ。高級感はあまりないけれど、愛着がものすごい。

そもそもなぜマキネッタにハマってるの?

話が少し前後するが、そもそもなぜ僕がマキネッタにハマってるかをサラッと書いておこう。理由はこんな感じ。

  • ミルクで割るとラテとオレの中間のような味わいに
  • 時間がなくても気負わずエスプレッソを淹れられる

オリフィー読者はご存知とは思うけど、僕はドリップコーヒーとミルクを混ぜるカフェオレがすごく好き。もちろんエスプレッソ×ミルクのカフェラテも好きだけど、毎日飲むならスッキリ飲みやすいカフェオレを選びたい。

マキネッタで抽出できるエスプレッソは割とあっさりめ。なのでお店で飲むカフェラテほどのどっぷりした濃度感ではない。でも習慣的に飲むならそれくらいの飲み心地がちょうど良くて、大満足の味わいだった。

ミルクの甘さを感じるために、100mlのミルクにエスプレッソを気分で10~20mlだけ注ぐことが最近は多い (乳脂肪分3.7%くらいの一般的な牛乳を使用) 。好みできび砂糖を2gほど入れるのもおすすめ。まろやかな甘さがプラスされる。

モカエキスプレスの使い方

モカエキスプレスに限らず、マキネッタのパーツはたったの3つ。なので淹れる工程はとてもシンプルだ。以下の順番でエスプレッソを抽出していく。

  1. 水を注ぐ
  2. コーヒー粉を入れる
  3. サーバーをセットする
  4. 火にかける
  5. ボコボコと音が鳴ったら完成!

1. 水を注ぐ

まずはボイラーに水を注いでいく。このとき注意したいのは、内側を覗くと見えるセーフティバルブ (空気が入る穴) より下の位置に水を注ぐこと。6cup は内側にラインがあるそうだ。

2. コーヒー粉を入れる

次にコーヒー粉をバスケットに入れていく。挽き目はエスプレッソより少し粗めの細挽きがベスト。細かすぎるとお湯が上へ通りにくくなり、うまく抽出できない。目詰まりの原因にもなるので注意しよう。

コーヒー粉はギュッと押し込まず、スプーンや指の平で馴らすように (気持ち押し込みながら) 入れるのがポイント。なお縁に粉が付いてるとボイラーとサーバーが密接せず、空気が漏れる原因になることもあるため払っておこう。

3. サーバーをセットする

あとはサーバーをセットして完了だ。少し細いけど、モカエキスプレスはデザイン的にサーバーを回しやすい。ただし締めが甘いとその隙間からエスプレッソが溢れることがあるので注意したい。

4. 火にかける

最後に火にかけて完成だ。火加減は弱火、というより底面から火がはみ出さない程度にしておけばOKだと思う。

あとマキネッタを購入する際に気をつけたいのが、自宅のコンロのサイズに合うかどうか。マキネッタは底径が短いので、コンロによっては安定して置けないこともある。わが家のコンロだと今使ってる3cup用は置けない。

サポートリング

もし置けなかったらサポートリングという、マキネッタとコンロのアダプターのような部品を購入すると良い。これは800円程度でついで買いしやすい。

余談だが、外でマキネッタを使う際は以前紹介した韓国のアウトドアメーカー KOVEA のカセットコンロ『CUBE』がおすすめ。見てのとおり底径関係なく置けるので、モカエキスプレス (3杯用) にも問題なく使えた。

5. ボコボコと音が鳴ったら完成!

細挽きのコーヒー粉21gを火にかけると、3分半くらいからエスプレッソが湧き出てきてくる。4分ちょっとで抽出完了だ。抽出し終わる直前でボコボコと音が鳴りはじめるので、そのまま加熱を続け、音がおさまったら完成!

蓋を開けながら抽出するのは楽しいけれど、コーヒー粉が少なかったり粗すぎたりするとエスプレッソが噴射して危険…。開けるまでのお楽しみにしておこう。

まとめ

こんな感じで Bialetti 社の定番モデル『モカエキスプレス』を使った感想を綴ってみた。この前紹介した ALLESI の高級マキネッタと比べると抽出スピードで1分ほど劣ったが、それ以外はなんら遜色ない、むしろ気負わず使えて大満足だ。

マキネッタ生活を始めるにはもってこいのエントリーモデル、でもこれひとつあれば十分満足できるモカエキスプレスは本当におすすめ。気になる人は、ぜひ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents