撮影・執筆などお仕事のご相談はこちら

TIMEMORE『Nano』コーヒースケールが登場!エスプレッソからドリップまで対応したミニマルモデル [PR]

ハンドドリップしている

TIMEMORE (タイムモア) のコーヒースケールがミニマルに。

ハリオのV60スケールと肩を並べるほど人気のタイムモアから、手のひらサイズのスケールが登場しています。エスプレッソモードが搭載され、より幅広いシーンで使用可能。コーヒーサーバーも違和感なく乗せられる絶妙なサイズ感となっています。

僕が愛用する手動エスプレッソメーカー・Flair Espresso にもなんとか使えて、個人的には満足度が高め。ドリップだけでなく、エスプレッソも淹れる人には待望のスケール。頂いたので使った感想をレビューしていきます。

Contents

デザインから一新。TIMEMORE の『BLACK MIRROR Nano』コーヒースケール

Nano コーヒースケール単体
Nano コーヒースケール単体(裏面)
Nano コーヒースケール単体(側面)
Nano コーヒースケール単体(側面)

こちらが TIMEMORE の『BLACK MIRROR Nano』コーヒースケール。一番の特徴は、数字が斜めに表示される文字盤デザイン。おかげで、大きめのサーバーを置いても数字が隠れることがなく、むしろ見やすいと感じることも

電源は右に、タイマーボタンは左側面に配置。この辺りは従来のスケールと大きく違うので、少し慣れが必要そうですね。充電はType-C。電池容量は780mAhと、定番モデル『BLACK MIRROR +』の半分以下に。フル充電で5時間ほど使えるはず。

ハンドドリップしている
  1. レギュラーモード
    タイマーボタンをタップしてドリップスタート
  2. ポアオーバータイミング (オート) モード
    お湯を注ぎ始めると自動でタイマースタート
  3. エスプレッソタイマーモード
    お湯を注ぎ始めると自動でタイマースタート
    エスプレッソの重量・時間を計測

後述しますが、搭載されている3つのモードが上記。ブラックの価格は11,880円で、ホワイトはさらに勇気の要る13,750円 (税込) 。でもこれ一台でエスプレッソとドリップの二刀流なので、別々に5,000円のスケールを買わずに済むならアリでは?

Flair Espresso を使いエスプレッソモードで抽出してみた

Nano コーヒースケール単体
Nano コーヒースケール単体

ちょっと不恰好なもののセットできました。エスプレッソモードはオートとなんら変わらないですが、グラスを置くと重さが自動でゼロになる点で少し違います。ボタンをタップして重さをゼロにする必要がなく、使ってみるとかなり便利。

Nano コーヒースケールを使いエスプレッソを抽出している

そしてこれが最高!エスプレッソを淹れるとき、これまでは頭で時間をカウントしていましたが、これなら時間が可視化されます。抽出後はタイマーが自動でストップし、「今回の挽き目だと抽出が長いなぁ……」と振り返ることも。

Nano コーヒースケールを使いエスプレッソを抽出

一方で、バーを下げると重さが正確に表示されず、レバーをあげるとやっと正確な数字が表示されました。結果、40ml抽出したいのに50ml抽出しちゃった、なんてこともざらに起きてしまうことに。これは正直残念……。

手動のエスプレッソメーカーで使うには少し難がありそうです。エスプレッソ用に使うなら、電動タイプが絶対におすすめです!

また、抽出後のエスプレッソがスケールにポタポタ落ちる点も少し気になりました。シリコンカバーをしているから直接は当たらず、壊れる心配もないものの、カバーを毎回水洗いしないといけないのがちょっと面倒。

ハンドドリップで淹れるときはオートモードで

Nano コーヒースケール単体(側面)
Nano コーヒースケール単体(正面)
Nano コーヒースケール単体(側面)

いつもならタイマーを押してから注ぎますが、横面のボタンにまだ慣れず、オートで淹れることがほとんど。いま使っているサーバーはOREAのもの。Kalitaのそれとほぼ同じサイズなので、大概のサーバーは違和感なく置けるはず!

なおオートで淹れるときは、最後のお湯を注いだ後にドリッパーを浮かせてクルクルすると、タイマーが止まるから注意が必要。このオートストップ機能はドリップ時間を記録するには便利ですが、淹れ方によってはレギュラーで淹れた方が良さそうです。

Nano コーヒースケールを使いハンドドリップしている

ちなみに、電源は自動オフ機能がついていて、3分でオフに。ボタンの反応具合はハリオのコーヒースケールより早く、定番モデル『BLACK MIRROR +』よりもやや早い印象を受けました。重さもタイムラグがほとんどなく表示されます。

まとめ

Nano コーヒースケールを使いハンドドリップ

最後にどうしても気になった点について。右下ボタンを長押しすると電源が切れるのですが、OFFまで3秒ほどかかってしまいます。ONにするときやその他の操作性は早く、快適ですがOFFのみ反応が遅い…。電源スイッチで切るようにしています。

とはいえ、エスプレッソにもある程度使えて、ハンドドリップにも使える点はやはり最高!バッグの隙間にもサッと入るサイズ感は、モバイル型コーヒースケールとして逸脱。これからも積極的に使っていきたいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents