【2022年上半期ベストバイ】買ってよかったコーヒーグッズ6選! YouTube を観る

食物繊維も配合したプロテイン『TRYFE PROTEIN GOOD DAY (COFFEE)』。コーヒー風味で飲みやすい!

腸内環境も整える、コーヒーフレーバーの高純度プロテイン。

僕は現在25歳。PC作業による肩こりは悲惨だけど、週2回の青汁ドリンク以外、これといって健康的な生活を送ってるわけではない。そんな中、『TRYFE PROTEIN GOOD DAY』という高品質なプロテインを頂いた。

プロラグビー選手である中村亮土氏がCEOを務める TRYFE JAPAN から登場しているプロテイン。僕はプロテイン歴がほぼゼロに近いため素人目線ではあるが、「飲みやすいの?」「体に変化は?」といった点も交えて書いていこう。

TRYFE PROTEIN GOOD DAY – TRYFE JAPAN 公式サイト

Contents

そもそもプロテインとは?なぜ必要なのか

TRYFE (トライフ) のプロテインについて話す前に「そもそもプロテインとは何か?なぜ必要なのか?」を紹介しよう。まあプロテインはサプリメントのような印象を持ちがちだけど、つまりはタンパク質である。

そんなプロテイン (タンパク質) は大きく以下の3つに分類される。

  • ホエイプロテイン (牛乳由来の動物性タンパク質)
  • カゼインプロテイン(牛乳由来の動物性タンパク質)
  • ソイプロテイン(大豆由来の植物性タンパク質)

ホエイとカゼインは牛乳由来の動物性タンパク質で、ヨーグルトを放置すると浮かぶ薄い黄色の液体、それがホエイだ。

その中からタンパク質を抽出し、パウダー状にしたものこそ TRYFE にも使われているホエイプロテイン。水に溶けやすく、ビタミン・ミネラルが豊富。エネルギーになりやすい分岐鎖アミノ酸も豊かで、運動後におすすめだそうだ。

ホエイプロテインは製法別に3つに分かれるらしく、TRYFE には「ホエイプロテインアイソレート (WPI)」という製法が採用されている。タンパク質以外の成分をほぼ除去できるため、タンパク質の含有量が85~90%と高いのが特徴だ。

なおプロテインが必要な理由は「カラダづくりに必要なタンパク質を効率よく摂取できる」から。タンパク質の主な供給源となる、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品には、脂質も多く含まれがち。プロテインなら脂質をカットしながらタンパク質を摂れる

食習慣が乱れて1日2食が当たり前、なんてときも、プロテインなら手軽にタンパク質を摂取できるというわけだ。

食物繊維とプロバイオティクスを配合。TRYFE のプロテイン

こちらが今回紹介したい『TRYFE PROTEIN GOOD DAY』。高タンパク質の摂取により腸内の善玉菌が減り、腸内環境が乱れるのを防ぐために、オートミールや黒豆きな粉、おからパウダーといった発酵性食物繊維も豊富に含まれている。

また乳酸菌や酪酸菌といったプロバイオティクス (=摂取したり体に塗布したりすることで、健康上の利益が得られる生きた微生物) も配合。添加剤を極力避け、保存料・着色料・香料をゼロに抑えているようだ。

■ 1食35gあたりの栄養成分
・エネルギー:123.9kcal
・タンパク質:23.8g
・脂質:0.6g
・炭水化物:6.8g
・糖質:4.7g
・植物繊維:2.2g
・食塩相当量:0.4g

1ヶ月半ほどプロテインを飲み続けてみて

  • かなり飲みやすい味わい
  • 35gは多いので15gほどをミルクに混ぜて飲んでる
  • 粉が溶けやすくシェイカーは要らない

素材にはジャマイカで栽培されるブルーマウンテンも使用しており、コーヒーの風味も感じられる。飲み始めはコーヒーよりもオートミールやきな粉の風味が先行したため若干脳が戸惑ったけど、4杯目くらいからは慣れて、美味しく飲め始めた。

毎朝でも余裕で飲み続けられる。見た目はまるでカフェラテのようだ。味わいについて、コーヒーの風味が4割・オートミールやきな粉などの植物性素材が6割といった印象を受けた。

公式のレシピは、35gのプロテインに対して150~200mlのミルクか水を注ぐのだけど、その比率だと濃くて飲みづらかった。あと粉も溶けにくい。そこで15gに対してミルク200mlほどを注ぐようにしてみたシェイカーがなくても9割ほどの粉は溶けてくれる

栄養素がたっぷりなだけあって、価格は6,600円 (税込) 。内容量は350gなので、毎食35gも使うとたったの10杯で飲み終えてしまう。1杯あたり660円。経済的にも続けにくいので、15g前後を使い1杯あたり286円程度に抑えて飲んでいる。

まとめ:体調の変化

こんな感じで『TRYFE PROTEIN GOOD DAY』について書いてみた。プロテインの摂取は就寝前30分~1時間前と朝が効果的だそう。僕は朝に飲むのだけど、これまでと違い、お昼12時を過ぎても集中力が持続するようになった気がする。

誰もが気軽に取り入れられるプロテインではないが、高い栄養素が含まれてるので本気で体調改善を目指してる人にはすごくおすすめ。Amazon や楽天、Yahoo! でも販売しているので、よければ試してみてほしい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents