コスパ最高!TIMEMORE (タイムモア) のコーヒースケールをメインで使い始めます。【レビュー】

これまでは定番とも言えるであろう HARIO のスケールを愛用していたけれど、音は常にミュートで画面は暗め、そして重さの反応速度が遅い点などで少し不便に感じてきていた。

そんな悩みを同じ価格帯で解決してくれたのが TIMEMORE の『BLACK MIRROR コーヒースケール “Basic Plus”』。音のON/OFFを切り替えられ、お湯を注ぐとタイマーが自動でスタート。またコーヒー豆やお湯の重さだってほぼタイムレスに表示してくれるのが魅力。

コンパクトなサイズ感も相まってこれからメインで使えるスケールだと確信したので、早速レビューしていきたい。

Contents

TIMEMORE / BLACK MIRROR コーヒースケール「Basic Plus」

中国は上海のコーヒー器具メーカーである TIMEMORE のコーヒースケール。表面はマットな質感で、サイズは W13 × D15.2 × H2.6 (cm) とコンパクトなため、キッチンなどの目立つ場所にも常に置いておきやすい。

計量台にはシリコンシートを付けることも可能だが、 “はめる” というよりは “置く” という感覚に近いので、少々外れやすいのがネックな点。今のところ淹れてる時にズレるということはないので、そこまで気にはしていない。

© 2021 TIMEMORE

カラーは定番の「ブラック」と「ホワイト」の2色展開。価格はブラックが税込5,500円、ホワイトはなぜか少し上がって税込7,200円となっている。ホワイトはコーヒー粉を溢すと目立ちそうだったので、ぼくはブラックを購入した。

外観レビュー

実は2021年に新仕様になっており、NEWバージョンは電源のON /OFFスイッチが右側面に新たに搭載された。そのため使わない時は OFF にしておくことで、指が意図せず電源マークに触れて「ピッ」とONになってしまうことがなくなった。

また電源とタイマーボタンも前モデルとは違い発光せず、少し彫られたようなデザインになったため、若干のギラギラ感がなくなったのはもちろん、タイマーと重さの数字により自然と目を向けやすくなった気がする。

充電は USB式 (Type-C) 。一回のフル充電で約10時間使えるようなので、仮に毎回5分ほど使ったとしても約120回は充電せずに使える。1日に2回淹れるわが家では2ヶ月に一度くらいの充電で済みそうだ。

使い方とモードの説明

電源の ON/OFF は右下にあり、軽くポンっと手が触れるだけで ON 、長押しで OFF になる。この時もちゃんと「ピッ」と音が鳴るので分かりやすい。

左下の時計マークをタップするとタイマーのスタート/ストップ、1秒間長押しでタイマーのリセットを行える。また5秒間長押しすることにより音をミュートにすることができる

オートモードへの変更もこの時計マークを素早く5回タップすることで行えて、バッテリーマークの右に「A」というマークが表示される。

そんなオートモードでできることは次のふたつ。

⚪︎ タイマーの自動スタート

⚪︎ ドリップ終了時の経過時間と重さの一時的な表示

時計マークを押すと「3、2、1…」とカウントダウンが始まり、点線が表示される。あとはお湯をいつも通り注ぐと自動でタイマーがスタートする。

また抽出が終了してドリッパーを持ち上げると測定が自動でストップし、その時点での経過時間と重さを一時的に表示してくれる。どれくらい抽出時間がかかったかによって味わいを調節する人には嬉しいはず。

注意点を挙げるとしたら、淹れてるときにドリッパーを揺する人はオートに不向きだということ。理由はドリッパーを揺すった瞬間に測定が止まるから…。ぼくはこの点にやられてマニュアルで淹れる方が結局多い。

実際に1ヶ月使ってみた感想

⚫︎ 滑り止めは思った以上にしっかりしてた

⚫︎ 自動で電源の ON/OFF が可能なので、無駄にバッテリーを食われない

⚫︎ HARIO のスケールはほぼ使わなくなると思う

使ってみた感想はこんな感じ。「結局 HARIO と TIMEMORE、これからどっちをメインで使うの?」という質問への答えは、TIMEMORE のスケールをほぼ 100% で使っていくと思う。

理由は機能性。 TIMEMORE の圧勝という印象をとにかく受けたから。電源の自動 ON/OFF も付いていて、時間を測っている場合は15分間で、何もしていない場合は3分で電源が自動で切れてくれる

おかげさまで「85:39…!?!?」というケタ外れの数字を、コーヒーを飲み終えたリラックス状態で目にしたときのヒヤッと感がなくなるし、スケールの裏にあるゴム製の脚もかなりしっかりしているのも嬉しかった。

まとめ

こんな感じで TIMEMORE の『BLACK MIRROR コーヒースケール “Basic Plus”』を使った感想をレビューしてみた。これまで HARIO 一本できたぼくにとっては、タイマーの自動スタートは革命的だったし、重さのレスポンスも爆速でストレスフリー。

シリコンシートが置くだけだったのは少し残念だったが、その分シート上に落ちたコーヒー粉なんかをサッとシートごと払えるのでまぁ良し!ということで本当にイイ買い物をした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる