一杯を手軽に淹れて、コンパクト収納。『PO:』のフィルターマグ&コーヒードリップポット[PR]

手軽に淹れて、コンパクトに収納できるドリップセット。

ハンドドリップするには、ドリッパーやケトルなどのコーヒー器具が必要になってくる。わが家は2人暮らしなので、器具の数に比例して大きさもアップ。そしてこれが、最近の悩みのタネだったりする (じゃあコーヒーメーカーを使えよと聞こえそうだが、ハンドドリップはしたい…) 。

という訳で、一番快適に使えるハンドドリップ器具は “ミニマルかつコンパクトに収納できるもの” だと思うようになっていた。そこで今回は、そんな人に嬉しいコーヒー器具を紹介していきたい。

PO: | フィルターマグ&コーヒードリップポット – 公式サイト

Contents

手軽に使えてコンパクト収納。『PO:』のフィルターマグ

今回レビューしたいのは香港のブランド「PO: (ポー)」のコーヒー器具『フィルターマグ』と『コーヒードリップポット』の2つ。まずはフィルターマグから書いていこう。

特徴は耐熱ガラス素材のマグカップと、金属フィルターが一体になったデザインマグの中にフィルターをセットできるためコンパクト収納でき、蓋を開けてコーヒー粉を入れお湯を注ぐだけでドリップできてしまう。ペーパーフィルターも不要だ。

容量はたっぷり1杯分の350ml。カラー展開は「ブルー」「グレー」「グリーン」「レッド」の4色展開。インテリアに合わせやすいグレーが入ってるのは心強い。僕はブルーを頂いた。淡い水色のコーヒー器具は珍しいという理由から、ブルーが良いと考えた。

フィルターマグにコーヒーを淹れてみる

メッシュ状のステンレスフィルターの目は細かく、特に目詰まりが気になることはなかった。それでいて抽出はスムーズだから、200mlのお湯を注いでも3分以内に十分抽出し終えることができた

300mlほどのコーヒーを抽出するなら20~24gほどのコーヒー豆を使うと思うが、それでもコーヒーが滞りなく流れ落ちてくれたので規定容量の範囲だと問題なく使えそうだ。

使ってみて便利だったのが、付属の蓋。逆さにすると抽出後のフィルターを置けるし、中央が盛り上がってるのでコーヒーが溢れ出す心配もない。マグの上に置くと保温・保冷にも一役買ってくれると思う。

味わいはどうか

飲んでみると、まず金属フィルターならではのなめらかな舌触りを感じることができた。ただ他の金属フィルターと違い、コクをはっきりと感じられる印象。深煎り豆を使うと少し苦味が目立ったので、おすすめは浅煎り〜中深煎り

300mlほどのお湯を注ぐと、フィルターがコーヒーに沈む位置まで抽出することになるけど、問題なく淹れられた。味わい的にも過抽出感はなかったので、たっぷりお湯を注いでもらってOKだろう。

ただし金属フィルターのため、どうしても微粉が抽出されてしまう。コーヒーを撹拌してから飲むとザラザラした舌触りを覚えるはずなので、抽出後に何もせず1分間放置し、微粉が完全に沈んでから飲むようにしよう。

持ち手なし!お湯が垂直に落ちる『PO:』のコーヒードリップポット

このドリップポットの大きな特徴は、「持ち手のないミニマルなデザイン」と「お湯が90度に落ちる注ぎ感」。ポットを覆っているスウェード調のグリップを持つことで、滑ることなく、また熱さを感じることなくドリップできた。

持ち手がないため収納スペースも取らず、フィルターマグと合わせて収納するとよりミニマルなドリップ環境に近づく。内側には100~350mlまで、50mlごとに目盛りが記されていた。注ぎたいお湯の量を正確に足すこともできる。

スウェード調のグリップは「ブラック」と「キャメル」の2色。汚れが目立つかと思い、僕はブラックを選んでみた。なお簡易的なプリント加工かと思った木製のつまみは、実際に触ると木の風合いとその高級感を感じられた。

実際の注ぎ心地はどう?

これまで6回ほど使ってみたけど、注ぎ心地はかなり独特。ノズルの先がほぼ垂直に曲がっているため、お湯が真下に落ちるからだろう。まるで太い鉛筆で丸を描いているような感覚。点滴状にドリップすることも簡単にできた。

慣れるまで少し難しかったが、3回目くらいからは思いどおりに注湯できた (初めてのドリップケトルがこれの人は最初から注ぎやすいはず) 。ただしかなり細いので、細かく挽いたときや多めのコーヒー粉にドリップするには不向きだと思う。

またコンパクトなサイズ感なので、女性でも無理なく握ることができた。本体の下部に備わったノズルのおかげで、最後までお湯を注ぎきることも可能。サイズ感の割に自然保温力が高いようにも感じた (保温できないポットには大切) 。

まとめ

こんな感じで PO: の『フィルターマグ』と『コーヒードリップポット』を使った感想をレビューしてみた。価格は輸入状況により多少変わるようだが、フィルターマグが3,500円前後、ドリップポットが4,000円前後となっている。

とくにフィルターマグは、蓋と金属フィルターとマグの3点セットで3,000円台だからコスパがかなり良い。ドリップポットもこのサイズ感だと妥当な価格帯なので、1杯分を淹れたい人には良い選択肢になりそうだ。

PO: | フィルターマグ&コーヒードリップポット – 公式サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents