人混みに疲れたから少し休みたい!都会の真ん中の癒し空間『ブルーボトルコーヒー 青山カフェ』へ。

表参道駅から徒歩で3分。

大きな交差点のすぐそばにあるのが、『ブルーボトルコーヒー 青山カフェ』だ。

お店は建物の2階にあって、そこまでの階段をブルーボトルのロゴに向かって上がっていく。

左にある柳?の木がここにしかない雰囲気をかもし出していた。

店内はかなり開放感のある作りになっていて、テラス席もあるので、

ちょっと一息つきたい時にはうってつけのカフェ空間だ。

広々とした店内には、日の光がすぐそばの木々を通り抜けて注がれていた。

コーヒー豆を販売してるのはもちろんだけど、

羊羹(ようかん)も販売してるのが、遊び心のようなものを感じれておもしろい。

メニューは大きく分けて、

  1. エスプレッソを使ったドリンク
  2. ドリップコーヒー
  3. アイスのコーヒー

の中から選ぶだけなので簡単に選べる。

値段的にもかなり平均的。

どれにするか迷ったとしても、

スゴくしゃべりやすい店員さんがいるので、安心して注文できる。

コーヒーショップで頼むとなると、エスプレッソ系やドリップなど、

知らない人からしたらさっぱり意味が分からなくて、注文に困ってしまう人がやっぱり結構いる。

「そういう時に話しやすい店員さんがいるのってスゴく安心できる。」

最近は少し寒くなってきていたので、カフェラテ(税抜520円)を注文。

ラテアートを見ると、心が安らいでいくように感じませんか?

だからラテアートをしてくれるカフェは大好き。

少しビターな感じがして、でもミルクの味もしっかりしているとても飲みやすいラテ。

ちなみに、ドリップコーヒーを頼むと、目の前で淹れてくれる

プロの技を目の前で見れるのってワクワクする。

淹れてる時に、ドリップのコツを聞いたりするのもいいかも。

家でひたすら1人でドリップしてるだけでは気づかないことも教えてくれるから、

外でバリスタさんとおしゃべりするのは、楽しいし勉強になる。

広々した店内でブルーボトルコーヒーの雰囲気を感じながら、
ぜひゆっくりブルーボトル体験をしてみてください。

BLUE BOTTLE COFFEE 青山カフェ

HPhttps://store.bluebottlecoffee.jp/pages/aoyama
ADRESS東京都港区南青山3-13-14
SNSInstagram
BUSINESS HOURS8:00 – 19:00 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる