【レビュー】MARNA (マーナ) の『コーヒーかす 消臭ポット』で環境にやさしい珈琲のある暮らしを。

いつもポイっと捨ててたコーヒーかすを、消臭ポットに入れるようになりました。

これまでは駅前のドラッグストアに足を運び、「消臭!」と大きく書かれたお洒落インテリアとは程遠いポットを仕方なく購入するのが当たり前。もちろん家に置くとその一角だけチープ感が漂い始める。

そんなときに出会ったのが、淹れた後のコーヒーかすを再利用し、消臭ポットとして使える MARNA 『コーヒーかす 消臭ポット』だ。無駄な装飾のない陶磁器は上質なインテリアとなり、最近までの悩みを解決してくれたので早速その感想を綴っていきたい。

Contents

MARNA (マーナ) の『コーヒーかす 消臭ポット』レビュー

──こちらが今回紹介したい MARNA (マーナ) の『コーヒーかす 消臭ポット』。キッチンやバスグッズなどを手掛ける MARNA から新たにスタートした「Ready to」というドリップシリーズ。その中のひとつがこの消臭ポットだ。

なんせパッケージがお洒落でたまらなくかわいい、、

このポットがあると、お家でコーヒーを淹れる限り消臭ポットを買う必要がなくなり、またコーヒーかすも乾き切った状態でゴミ箱に捨てるため、その後の焼却処理が容易に。

2、3日経つと交換するように推奨されているが、ぼくみたく毎日淹れる人は1日ごとに交換しても良さそうだ。これからのジメジメした季節は特に匂いが気になることを増えてきそうだしね。

ちなみに購入する前の懸念点として「コーヒーかすでポットの中が蒸れないの?」と思っていたが、どうやら【焼き締め製法】で作られているため蒸れにくいんだとか。

MARNAコーヒーかす 消臭ポット


⚪︎材質:本体/陶磁器、フタ/シリコーンゴム
⚪︎耐熱温度:200℃
⚪︎サイズ:約φ8.6cm × 9.6cm
⚪︎生産国:本体/日本、フタ/中国

とりあえずコーヒーかすを入れて使ってみた

さて、前置きはこの辺りにして、実際に消臭ポットを使ってみよう。

まずは淹れ終わったあとのコーヒーかすの水気をしっかり切り、問題なければペーパーフィルターに入れたまま消臭ポットへ

※ 商品箱に「水気をしっかり切り」と書いてあったが、少々曖昧だったため MARNA に確認してみたことろ、「コーヒーかすは多少湿っててもいいから、ペーパーフィルターを持ち上げた時に液体が漏れなければOK」とのこと。

ぼくはドリッパーにセットしたまま1〜2 時間ほど経ってから、ポットに入れるようにしてる。

さて、ポットに入れたらフタを閉め、消臭したい場所に設置するだけ。今回は冷蔵庫に置いてみた。薬局なんかで見かける消臭ポットに比べ安っぽさがないため、むしろもっと置きたくなる、、。

ただちょっと気になったのが、1~4 杯用のペーパーフィルターでコーヒーを淹れ、そのままポットに入れると紙の上1cmほどがはみ出てしまうので、蓋をすると多少クシャッとなる。1~2 杯用だと綺麗に収まる。

おそらくこれは「Ready to」シリーズのドリッパー (↓) のサイズが 1~2 杯用のため、ポットもそれに応じたサイズ感になっているためだと思う。

おすすめの設置場所はあるの?

⚪︎冷蔵庫

⚪︎靴箱

⚪︎トイレ

etc…

MARNA から公式におすすめされてる設置場所は、冷蔵庫や靴箱、トイレなど。狭いスペースでも設置できるようにミニマルに作られているため、無駄にスペースを取られず違和感なく置ける。

あとポット自体を洗うこともできるため、上記のように特別清潔ではない場所に置いても、ポット自体は常に清潔に保つことができるのも嬉しいポイント。フタはゴム製なので簡単に取り外しができる (フタだけやけに固いってあるあるだから…)

実際に効果はあったの?

効果として現れてきたのは、冷蔵庫に入れて1日もかからないくらい、かな。思ったよりも早くてびっくりした!

わが家の冷蔵庫の中には野菜やふりかけ (ラー油とシャケとニンニクを混ぜたもの) 、牛乳などが並んでおり、なんせふりかけの匂いが最近目立ってきていたので冷蔵庫に置いみたんだけど、だいぶマシになった。

ただわが家の冷蔵庫は一室が小さいため割と効果は早く出たが、冷蔵庫が大きかったり食材がもっと増えれば効果が現れるのは遅くなりそう

靴箱やトイレでも試してみたけれど、こちらも匂いが和らぎ効果アリ。なんだか少しコーヒーの香ばしい香りもしてきた。結論、個人的に効果をもっとも感じられたのは冷蔵庫かな。

まとめ:よく淹れるなら 2、3 個あっても良さそう

──こんな感じで MARNA (マーナ) の『コーヒーかす 消臭ポット』を紹介してみた。いかにも「薬局産です」と言わんばかりに『消臭!』と書かれたポットが消え、無駄な装飾が一切ない陶磁器のポットに取って代わるのはなんだか心が晴々する。

まとめ

【ココが良い】

  1. コーヒーかすを最後まで無駄なく使える
  2. お家でコーヒーを淹れる限り消臭ポットを買う必要がなくなる
  3. ポットごと洗えるためそれ自体を清潔に保てる

【ココが気になる】

  • 1~4杯用の紙フィルターをポットに入れると上1cmくらい余る
  • 消臭ポットにしては割高

価格は1,848円 (税込)+650円 (送料) と消臭ポットにしては割高だが、ちょっとした初期投資と考えればお得なはず。

かなり人気のため、今朝見たら MARNA の楽天市場店のものは売り切れていたので、気になった人は早めにチェックした方が良さそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる